今回も前回に続き大津のローカルネタです。

2018年4月27日から、浜大津周辺エリアで「ofo」によるシェアサイクルサービスがスタートしました。

これにより京阪電車を使っていた人が自転車に移行して京阪の利用者が減少してローカル線的負のサイクル化に拍車が・・・かかるとは限りません。

自転車は京阪電車の補完機関として相性が良いです。京阪はぶっちゃけトラムとしては駅間がちょっと長いのでアクセスエリアが微妙にカバーしきれないんです。しかし大津の元々からの市街地は道が狭く一通も多いのでBRTとかやるには都合が悪い。道を拡げる?それは市街地を破壊するだけです。60年前、大津百町の西端の大谷と一里町はそうやって街機能喪失しています。国道1号線と京津線と名神高速が並走してるあたりを走ってみていただければその結末がわかると思います。BRTがダメならどうするか。自転車、なかなかいい選択肢なのではこれは。

しかしシェアサイクルも有料。アクセスが向上するとはいえ、京阪+シェアサイクル代で利用者にとってはコスト増。大津市が出してる統計を見てる感じ、家計が大きくなってるとは思えん(検証が足りんだけという可能性もあるが)ので、モビリティコスト増ではたしてこれから回っていくか、大いに疑問です。例えば「京阪に乗ったらシェアサイクル値引き」のような補助が必要なのではないでしょうか。財源が確保できてからでもいいのでできるだけ早く。

公共交通利用促進補助の財源・・・例えば、富山市の事例では、公共交通の集結地に集客施設の整備を行った結果、集客増による地価増からの固定資産税増収となり、その増収が市街地整備のコストを上回ったので、それを財源に公共交通利用者への補助を行っています(運行者から見たら客単価が減るので、それを放置したら利用者が増えるほど運行者が苦しくなります。そうならないように行政が補填しているということです)。大津でも同じ手ができないだろうか・・・なんとも言えないですが、個人的には実現可能性は高くないと思ってます。人口重心はマンションがバンバン建ってるにおの浜の方に移ってしまっていますね。それだけが原因ではないですが、結局これまで明日都のテナントは定着せず入っては撤退を繰り返しました。さて、どうするか?・・・街の資源と市の予算を分析すればヒントが得られるかも。

つづく。

 

このサイトをご覧の方は京都・大阪の方が大半のようですが、今回は私が住む大津のめちゃめちゃローカルな話です。ただし、二次情報が多分に含まれていることをご承知いただいた上で読み進めていただきたいと思います。あと、「不正を暴く!」とかの主旨では全くありませんのでよろしくお願いします。。

 

大津の市長は2期目、今年で6年目。子育てや教育に力を入れた市政を進めています。

私思うんですけど、グローバルな日本人を育て上げるには早い時期からの外国語教育じゃなくて、一人ひとりが個性的な経験を十分時間積むことが必要だと思うんです。先日、フランスでうさぎさんショップを何か所か訪ねました。用事のついでだったのでそう長くはない時間でしたが、ハートフルな交流の時間でした。ボンジュール以外全部英語で失礼させていただきましたが。私がフランス人と心を通わせることができたのは正しい文法で言葉を使ったからではないはずです。うさぎさんを愛でる確固とした意志を持ち全身全霊で表現したのが功を奏したと思っています。それを可能にするのがこども時代からの個性的な経験であると考えます。一人ひとりが個性的な経験を十分時間積む、例えば、飽きるまで京阪電車乗り続ける、朝から晩まで図書館にこもって1000冊読破する、草の上で眠りこけてしまうくらい好きなだけ走り回る、などなど。そのために行政ができることは他にもっとあるんじゃないでしょうか。・・・おっと、話がそれそうなのでこの辺にしときますね。

市長は子育てや教育に力を入れた市政を進める一方で、モビリティは(あくまで私から見たら)無為無策、まちづくりはJR優遇京阪電車冷遇、大津の歴史線と全然つながってなくて、このままだと大津が大津じゃなくなってしまいそう。もし最悪のシナリオとして京阪が大津線から撤退などしたりすれば、大津のたからものであり日本のたからものであるこどもたちが大きくなった時、ものすごく生活に困るし住み続けたいとは全然思わないようになってしまうのではないかと私は疑っています。マニフェスト進捗状況が市役所からダウンロードできるので、ざっと眺めるだけでもモビリティ全然考えてないことが大津に住んでない方だったとしてもわかると思います。付け加えると、市内を東西に走る湖岸道路と国道1号線は毎日マイカーで大渋滞デスマーチになってます。市政の財源は税金であり、税金とはみんなで出し合ったお金だけど、果たして我々は報われているのだろうか?

 

政策が云々という話ではないので戻します。市政の姿勢の問題です(最近暑いのでちょっと涼んでください)。

 

私の友人に市議会議員がいます。曰く「メディアの前でだけいい顔してるけど、見えにくいところでは粛清の嵐」

私の親友何人か市役所に勤めています。毎日ヒィヒィビクビクいってるようです。うち1人は鬱病で退職寸前。・・・今度おいしいごはん食べさせてあげるからね。

私が絡んでる市民活動でも、来客時は挨拶に続いて「市長が・・・」というケースがたくさん。

広報おおつも市議会だよりもその他のリリースも毎回目を通してますが、行間読むとだいたい聞いた通りのイメージです。

我慢ならんので私もフットワークの及ぶ限りで市長を追っかけてみたいと思います。

 

今回の話はただの愚痴じゃありません。先進事例紹介もババっとやっちゃいます。

 

以下の写真は、パリ地下鉄12号線の延伸工事現場で撮影したものです。見にくかったらすみません。治安が評判通りの場所だったんで、周囲を警戒しながらパシャったので余裕がなかったんです。

私が思うに、「現大津市長が、市民はじめ関係の皆様へ説明しなければならないけれど現状できてないもの」がここで取り上げた写真に詰まっています。

・・・・・周囲の詳しい人の助けを借りてもどうしても意味が分からなかったら私を訪ねて聞いてください。

 

何事もなければ次の市長選挙は再来年、市議会議員選挙は来年。それを見据えて引き続き市長への追及を続けようと思っています。

・・・・・そんだけ追っかけてたら、それはアンチじゃなくてファンと呼ぶんじゃねえの?というようなことになるかもしれませんが、結末に至るまではどうなるかわかりません。

 

つづく。