田んぼと住宅と工場とが調和した風景の中を広い空の下京都や大阪へ向けて疾走する。

そんなJR琵琶湖線の列車運転をお手持ちのパソコンで体験することができます。

 

毎日琵琶湖線に乗っている方も、運転士を夢見る方も、たまたまこのページを開いちゃった方も、

手を動かして一緒に琵琶湖線を楽しみましょう!

シミュレータのインストール

動作環境

BVE Trainsim
Version 5.6.5503.37333 (2015/01/25)が起動できること
5.5以前では運転できません
OS
Windows 7/8/8.1/10
プロセッサ
Athlon X2 2GHz より高速な環境
メモリ
最低1GB以上の空き
GPU
Radeon HD 3200 より高速な環境

 

準備

1.列車運転シミュレータ BVE Trainsim 5(mackoyさん作)をインストール

JR琵琶湖線はBVE Trainsim 5プログラムをシミュレータエンジンとして利用しています。

BVE Trainsimのサイトから、最新版のBVE Trainsim 5プログラムをインストールしてください。

→BVE Trainsimのサイトはこちらです 

 

2.BVE Trainsim 5用「共通ストラクチャパックセット」(樽モトさん作)をインストール

JR琵琶湖線 BVE Trainsimアドオンは、樽モトさん作の「共通ストラクチャパックセット」を利用しています。

「共通ストラクチャパックセット」がインストールされていなければJR琵琶湖線の運転はできません。

「共通ストラクチャパックセット」をインストールしてください。

 

→「共通ストラクチャパックセット」は、こちら「樽見本巣運輸区」様より入手できます。

(※JR琵琶湖線は「2016年8月15日版」にて動作試験を行っています)

BVE Trainsim 5シナリオデータフォルダ(例:ドキュメント/BveTs/Scenarios フォルダ)に展開してください。

 

3.BVE Trainsim 5用 車両アドオンデータをインストール

JR琵琶湖線 BVE Trainsimアドオンは、路線データのみのアドオンです。お好きな車両で運転することができます。 

【BVE 車両データ】等のキーワードで検索し、車両アドオンデータを予めインストールしてください。

想定運転車両:223系1000番台・223系2000番台・225系0番台 12両編成

4.JR琵琶湖線 BVE Trainsimアドオンをインストール

配布ファイルをダウンロードし、(右クリック→「すべて展開」等の操作により)解凍して、

BVE Trainsimシナリオフォルダ(ドキュメント\BVETs\Scenarios等)にコピーしてください。

 

シミュレータ本体(BVE Trainsim 5アドオン)

3245M 運転区間 草津 → 京都

配布ファイル:

ファイル名「wackey.JR-BiwakoLine_ver1.5.zip」
MD5 checksum「 2fb1c87dfaaa20ad977e7f79e3cf0a8a
バージョン 1.5
更新日 2016/09/22
ファイルサイズ 28.7MB
車両データは入っていません!!!
 

<更新履歴>

2016/09/22 - Version 1.5 公開 共通ストラクチャセットのアップデート対応、対向列車の調整

2015/08/10 - Version 1.4 公開 共通ストラクチャセットのアップデート対応

2015/04/30 - Version 1.3 公開 BVE trainsim 5.6対応、共通ストラクチャセットのアップデート対応

2014/11/01 - Version 1.2 公開 共通ストラクチャセットのアップデート対応、信号機の設定不具合を修正、音声ファイルの設定不具合修正

2014/09/27 - Version 1.1 公開 初期不良への対処

2014/09/16 - BVE5版 Version 1.0 公開

2003/06/01 - BVE2版更新

2002/03/22 - BVE2版公開

 

5.JR琵琶湖線 BVE Trainsimアドオン用に車両アドオンデータを指定

シナリオファイル(例:wackey.JR琵琶湖線土休3245M.txt)を「メモ帳」等テキストエディタで開き、

「Vehicle = ...(略)」行に車両アドオンデータのvehicleファイルのパスを指定してください。

(「◆Vehicleファイルのパスを指定してください◆」と記されている箇所を書き換えて「上書き保存」してください)

上記手順を行わなかった場合、
「指定されたファイルが見つかりません。'◆Vehicleファイルのパスを...'」
というようなエラーが出て、続行(運転)できません。

 

シミュレータの開始

1.BVE Trainsimを起動し、JR琵琶湖線アドオンをクリックして選択します。

2.「開始」をクリックするとアドオンの読み込みを開始します。

3.運転画面(運転台からの風景)が画面に表示されたら、シミュレータを開始できます。

JR琵琶湖線アドオンを選択する様子:

運転画面(運転台からの風景)が表示された様子:

Special Thanks

mackoyさん
BVE Trainsim 5プログラム
樽モトさん
共通ストラクチャセット(Nagoya_Common)参照使用
P車解結可6連さん
113系車両ストラクチャファイル
みくれちさん
「223系1000番台もどき」ストラクチャファイル
けーらいなさん
当サイト内225系アイコン

本作配布ファイルには樽モトさんの許可をいただいて
「共通ストラクチャセット(Nagoya_Common)」からの改造ファイルを含んでいます。
また、みくれちさんの許可をいただいて
「223系1000番台もどき」ストラクチャファイルからの改造ファイルを含んでいます。
この場で御礼申し上げます。

 

近くの列車運転シミュレータ

草津駅
JR草津線 >のんびり無駄遣い雑記 ※BVE2向け
石山駅
京阪石山坂本線 >のんびり無駄遣い雑記
山科駅
京阪京津線 >Keishin fun(自作自演)
京都駅
大阪・神戸方面
JR神戸線(下り) >遠方進行2番線!

 

免責事項

当作品により引き起こされたあらゆる事柄について作者はその責を負わないものとします。

 

作者

わっきー Webサイト->Like A Lake